アトポスSP概要

1994年にアトピー治療薬
「ステロイド剤」使用を反対する団体
として立ち上げた「フローラ会」
は、
全国8ヶ所の支部を置き、
定期的な講演会や勉強会を
行っておりましたが、

確たる代替療法を確立しなければ
「脱ステが不安で仕方ない」
という
多くの会員の声に1996年12月
「アレルギー研究室 アトポス」
を立ち上げました。

その後フローラ会代表が事故による
急逝のため解散となりましたが、
微生物研究者や薬理系の元教授、
現私立大学教授等々のご協力を
いただき
アトピーと微生物の研究
を続けました

東北地方の30人のボランティアを
対象とした臨床(薬物は一切使用せず)
データーで、
仮説データー95%
症状データー75%
改善の結果を得ることで、
克服を目的とした活動に
変更いたしました。

そして、100%の結果を出すべく
自然と体の関係なども気象関係者、
農業関係者、気エネルギー関係者等と
春秋の症状悪化の原因究明や
海と人間皮膚の関係なども
合わせて究明し

1995年逃げるなアレルギーから
2000年にはアトピー完全克服法
2004年にはアトピー完全克服マニュアル

を執筆いたしました。

多くの方々が、脱ステの方法から
克服の考え方などを理解
この本のみを
参考に多くの克服者を輩出することに
なりました

その数、平成25年1月1日で
約8500人を超えております

その後、克服対象商材の開発や講演会、
セミナーを継続し他に類を見ない
完全克服者を輩出し、
現在も休むことなくサポートを
継続しております。

2010年4月に社団法人化し、
アトピーゼロ作戦をより一層
強力に活動
しております。

弱体の団体なので資金力がなく、
インターネットを通じての情報発信と
なりますが、苦しむが迷わない本当の情報と
克服実績を基に強く強く進めてまいります。

<目的>

  1. アトピー性皮膚炎の根源をインターネットを中心に告知
  2. アトピー性皮膚炎の解決法を個別にサポート
  3. アトピー性皮膚炎で悩む皆様同士の交流場所を設置
  4. アトピー性皮膚炎の情報をインターネット・冊子・講演会で公開
  5. ステロイド薬害の実態調査と国への陳情
  6. アトピー克服施設への応援活動
  7. 会報等の発行

最近では、

「この日本から3年以内でアトピー者ゼロとする方法」

を情報告知している。

特に重要なことは、

  1. アトピーの子供を生まない方法
  2. もし、運悪くアトピー症状が発症した場合は1年で克服できる方法
  3. 今現在アトピー症状で苦しんでいる方が3年以内に克服できる方法

・・・が国や医師会が支援し
一斉に行動すれば

本当に3年以内でアトピーゼロとなる

のである。

この日本から3年以内にアトピーはゼロとなる

25年間のアトピー研究・サポートで
会得した理論を全て公開します。

日本からアトピーをなくすために今できること(1st.pdf : 698KB)
この国では1000万人以上(国民の12人に1人)の方が、アトピー性皮膚炎に苦しんでいるのが現実です。 医療技術の進歩がめざましいこの国で、何故、今なお増え続けているのでしょう。

一般社団法人 アトポスSP
【主任研究員】赤嶺 福海
【住所 】〒108-0074東京都港区高輪2-14-17 グレイス高輪ビル
【TEL 】03-6869-7538
【Email】office★atoppos.co.jp
(★の部分を@に変更してご送信ください。)
金沢検査センター・配送センター
【住所 】〒921-8172 石川県金沢市伏見新町255
【TEL 】TEL 076-280-2930

アトピー完全克服マニュアルの伝授

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る