皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【12】 『未だ続くアトピービジネス』

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【12】
『未だ続くアトピービジネス』

※初めて閲覧される方も居られますので、書き込み経緯を毎回書きます。複数回お越しの方は飛ばして、大事な部分のみお読みください。

ブログテーマが、そろそろ貯金が無くなって来ていたこの頃でしたが、いい題材がありました。アトピーの原因も理解できていない皮膚科医たちが、我が理論を一般に向けて多々発信しているので、少しは本当の理論で壊してあげないと、多くの被害者が出ると思うので、この批評を書いています。まだ、閲覧者も少ないですが、多くなればこの批評を見れば、標準医療が何故悪いのか判ってくると思います。

この皮膚科医は、20数年前から因縁の先生でもあります。アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院 『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、数年後からは捨てゴマの運命。今は退官が迫り開業できない焦りからか、毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。25年前の理論は寸分の狂いもありませんでした。ちなみに、彼とは同年齢、アトピー研究経歴もほぼ25年一緒です。

20年前にも彼が新聞に寄稿した『アトピー教室』に批評したのを思い出します。また、ここで書くとは思いませんでしたね。

『金●大学病院 ●●教授のアトピー教室(中日新聞)を斬る 2000/2/26』

『ドクター●●のアトピー教室』 に寄せて

1999年10月14日より、北陸中日新聞に掲載された「ドクター●●のアトピー教室」を当HPに掲載します。
掲載の目的は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎不適切治療健康被害実態調査委員会」なるものが、いかに不純な考え方で活動を行っているか。
委員長自身が、「私はアトピーが専門ではありません」と言っている様に、アトピー性皮膚炎を本質的に理解していない医師達が集まって民間療法を叩いても、何も解決できるものではない。

悩む患者は何を信じて良いのか、心まで病んでしまっている。
この連載筆者、●●●●氏は当初「私のような専門家がステロイドの処方をすれば副作用は出ない。副作用の出ている患者は、勉強不足の医者が処方したからだ」と言い放ち、雲色の怪しくなった今では、冒頭のように「皮膚科専門ではありませんが」と素人言葉になってしまう。
このようなカメレオン医師が筆耕したことを考慮して呼んでいただきたい。
付け加えるが、彼の治療でアトピー性皮膚炎を克服された方は皆無に等しいと予想される。(再発無しの完全克服)

・・・・・20年前の当時、こんな言葉で批評をスタートしました。

久々に彼のこれからの進行などを拝見させていただき、大丈夫かなぁ、、敵対というより心配が先に来ます。自営は簡単ではないと思いますよ。これまでの書き込みから、今回始める訪問医療も長続きしないような気がして心配です。
ということは、薬も出ないとなれば、ステロイド販売の製薬マネーも打ち切りです。自由診療となれば、ステロイド剤も定価ですね。近所の皮膚科に行ってステロイド剤買うと思いますよ。

ここに今回のテーマ『アトピー患者さんに止めて欲しいこと』『未だ続くアトピービジネス』を批評してみよう。

アトピー患者さんに止めて欲しいこと【1】

クスリの名前を覚えてください。「黄色いチューブ」「ピンク色の蓋の容器」「大き目の錠剤」などと言われて、正確に薬の名前の把握ができるはずもありません。特にお年寄りより若い人に薬の名前を覚えない人が多いのです。患者さんサイドでは数種類の薬を区別しているだけかもしれませんが、こちらは無数の薬を使用しているのです。また後発品だとチューブの見た目は変わりますし、混合薬剤の容器の蓋の色は調剤薬局が決めるのです。そういう患者には当然私の説教が始まります。

【赤嶺コメント】
前にも書いていたね。コピペしよう。
名前は先生の指示通りでしょうから、覚える必要ないということでしょう。これを覚えなければ薬が貰えないというのであれば覚えるでしょう。先生もカルテ見ればわかることでしょうから、怒る問題ではないでしょう。先生にすればこのことも自己管理が悪いということになるんでしょうかね、それより、先生の一言一言をしっかり習得して行動しようとする理論を与えていないんじゃないでしょうかね。

ま、診察日だから、一応話を聞いて薬貰えればいいか・・・って感じの患者さんじゃないでしょうか。そんな患者さんが多かったら困りますね。私だったら、ブチ切れますよ。

説教部屋なんかでなく・・・・『すみません、今後のサポートは終了です』と。『はい、わかりました、サヨウナラ』って言われるかもね。それより、アンテベートの処方が中心ですか、、、怖い。そうかぁ、鳥居薬品でしたよね、、、そして、ヒルドイドのマルホが中心なんですね。結構頂いているようですからね。お返しですね。

未だ続くアトピービジネス【1】

ほぼ壊滅されたと言いつつ、いまだ存在します。数年前にあったのは、神奈川県の内科医院で、美人中国人医師が処方するステロイドの入っていないと称する外用薬にステロイドが混入されていたという事件です。結局、中国人美人医師は中国でも医師資格も持たない偽物で、問題発覚後すぐに中国に帰国してしまいました。またこの医療機関は患者さんたちより集団訴訟を起こされ、破産してしまいました。

【赤嶺コメント】
※ここで中国人美人医師は・・・ここの投稿では『美人』は不要では?

小生からすれば『どこまで続くステロイドビジネス』と言いたいところだが、悲しいかな、小さな声はなかなか届かないようです。一部にはアトピーに対して悪用するビジネスはあるかもしれないが、多くは医者より『アトピーの方々のために』と本心で活動されている方が多くいます。その芽を摘んでしまった製薬マネーは、薬害でもある。抗生剤で雑菌は排除できるが、同一場所に存在する有用筋群まで一緒に排除することで、二次的な問題が発生して、症状継続となっている。

皮膚においても有用皮膚常在菌の減少により、粘膜崩壊し感染条件を作り出すことになる。この先生方の問題は、もう一度基礎を勉強されて、何が本質なのかを理解したうえで、本当の治療に進むか、金欲しさにステロイドビジネスをするかに線引きをして、患者選択に任せていただきたい。そうなると、ステロイドへは進まないだろうね。

未だ続くアトピービジネス【2】

以前にも書きましたが、娘が通っている整体師さんが「ステロイドなんか使わなくても、僕が治してあげるよ」と言ったのも広い意味でのアトピービジネスです。医療行為をする資格がない人が「治す」「治る」と言った時点でアウトなのです。それでも騙されてしまうのが、アトピー患者独特の心理とアトピービジネスの特徴です。

【赤嶺コメント】
もし、その整体師が本当に治せたら、患者様は整体へ行くよね。
あなた方が言うアトピービジネスが横行するのは、裏返せばあなた方が、患者様のニーズにお答えできていないということですよ。

人を問う前に、まずは自分たち皮膚科医が、患者様の希望(薬なしでの改善)に答えられる技術をお持ちになることですよ。それ以外、あなた方の言うアトピービジネスは終息しないのです。それは、患者様は、あなた方馬鹿な皮膚科医より、アトピービジネスとされる療法の方が、理論的に結果的にも納得できているからです。

アトピービジネスを排除することより、製薬マネー大量に貰っているんだから、黙ってその研究に走った方が将来が見えますよ。製薬マネーでお家を建てた(買った)から、そんなこと言えないか。残り少ない人生なんだから、真面目な医療に取り組んだ方が、良いですよ。後に、アトピービジネスなんて言って、この大事な治療法を揶揄したノータリンな医者の名前なんて言ったかなぁ?って言われますよ。

未だ続くアトピービジネス【3】

紙媒体のパンフレットと業者さんが口頭で言うことが異なる場合も問題です。例えばパンフレットでは「マウスの実験結果からアレルギー疾患への効果が期待されます。」と書いてあったにもかかわらず、口頭では「医療機関でも治らないアトピーが必ず治りますよ。」と言った感じです。

【赤嶺コメント】
回りくどい言い方していますが、この研究会社の思いの一つには、『アトピー患者を助けたい』『ステロイド被害にあってもらいたくない』などの思いがあるのでしょう、同じ研究者として分かりますし、理論なきステロイド療法より、理論ありきの民間療法の方が信憑性はあると、患者さんは判断するのです。

もっと勉強されてアトピーのプロになってください。私からみると、アトピー克服理論100%から判断して、10%レベルと判断と見えるのは自分だけだろうか?被害者が出ることからすると『ステロイド療法はマイナス理論』となる。人生を壊す理論と言える。恐るべし『製薬マネー』、恐るべし医者の金欲、名誉欲、物欲、助べえ顔。

画像2

未だ続くアトピービジネス【4】

最近、鍼灸師のバナー広告でアトピーが治ると宣伝していたものがあります。これ自体医療法違反ですが、ビフォーアフターの写真であるテクニックを使っていました。治療前は絞りを暗く、治療後は絞りを明るくするとアフターの皮膚症状は白く見えて改善して見えるのです。

【赤嶺コメント】
小っちゃい人間やのぉって、声が聞こえますよ。写真がどうだビフォーアフターがどうだとか、元教授が出すコメントではないです。そんなこと言う前に、目の前の困っている患者が100%解決させれば、だれもビフォーアフター写真は出しません。頑張ってください、もう柵は少なくなったんだから。
それと、連続してコメントしている政治時事にはあまり触れない方が良いですよ、、、政治批評したって、あなた自身が逆に言われますよ。『そんな人のこと言うより、アトピー克服法を研究して一人でも多く救えよ!』って。

本当、皆さんは毎日が地獄なんだよ。それもあんたの腕にかかっているんだよ、、、適当にステロイド剤使っている場合じゃないよ。アトピーに対する集中力が欠けていますよ。

「政治時事書き込み例」:日本は滅びるかというような国家の危機に面しているにもかかわらず、総理大臣を含めた国家の危機感が足りません。今すぐすべきことは最悪の状態に備えたロックダウン法の法整備で、それを発動するかどうかは今後の状況次第ですが、日本には法律がないからロックダウンはできないというのは政治家の怠慢ではないでしょうか?昨日のニュースでは、銀座、浅草、道頓堀、天神などでほとんど人通りがないと報道していました、しかしながら、夜息子を送っていった世田谷の駅前通りでは、レストランも普通に開いて空いていましたし、半数以上の席が埋まっていました。人通りも少なくなかったです。8割の自粛は本当にできるのでしょうか?もとはと言えば、民主党政権のつけで、自民党は選挙をやっても負けなくなってしまったので、スキャンダルだらけの安倍総理でも政権が続き、さくらの会に良からぬ人物を呼ぼうが、奥さんが問題ある学園の名誉校長をしようが、任命したばかりの国会議員が選挙違反で失職しそうになろうが、ゴルフ友達に有利な許認可が下りようが、何でもやり放題なのは、結局は民主党政権の負の遺産です。

未だ続くアトピービジネス【5】

数年前ですが、松本行の特急電車に乗って、アトピー性皮膚炎の講演スライドのチェックをしていました。そうしたところ隣の席に座っていた男性が「ひょっとして、アトピー性皮膚炎をご専門にしているお医者さんですか?わが社の健康食品がアトピー性皮膚炎に効くので、推薦文を書いてもらえませんか?」と頼まれました。「あなたのやろうとしていることは医療法違反で捕まりますよ。」と返したところ、気まずく黙ってしまいました。

【赤嶺コメント】
偶然隣に座った皮膚科医に、自社の推薦文を依頼するのもどうかと思いますね。余程、成績が芳しくないのか、会社への点数稼ぎか、この医者なら軽そうだと思ったのかは分かりませんが、通常であれば『アトピー関連の先生ですか?』『当方はアトピーにも対応できる商材を開発販売している会社ですが、もし先生のお目にかなう商材だったら、推薦していただけないでしょうか?』というはずです。

ニュアンスが大きく違います。その資料頂いておけばよかったですね、今後、必要になるかもしれませんよ、ステロイド剤販売がうまくいかなくなった場合は、何か販売しなければなりませんからね。先生、これからはもっと優しく優しく対応しないと生きてゆけませんよ。フリーになれば逆の立場になることもありますよ。

あ再度、政治批評は少し控えた方が・・・税金払ってるといっても、あなた方は一般の方々より優遇されていますよ。それなりの考えもあるんです。彼らは、私たちが選んだ方々です、文句は言えません。

未だ続くアトピービジネス【6】

アトピービジネスの一部はカルト教団と一緒です。標準治療を否定して、悲惨な状態になってもそれが将来の幸せにつながると信じてやまない人がいます。最近で一番極端な例は、零歳児で健康食品業者から不要な食事制限を指導され、栄養状態が極端に低下して、行政からお子さんを保護する直前の状態で受診しました。私の説明にお母さんがどのような反響をするかと思いきや「もう、洗脳が解けました、普通に薬を塗って頑張ります。」でした

【赤嶺コメント】
僕は、あなた方の行っているステロイド療法信者の方がカルト集団に見えますよ。だって、ステロイド理論・副的作用、将来予想も何も理解していないのに、何があってもステロイド剤一本やりの先生方が殆どでしょう、、、何で?多くの方々が困っているのに何で?あなた方、国が認めた医者でしょう。

医者は、患者の病気を治すことが使命でしょう。皮膚に棲息する有用皮膚常在菌のことも知らないで、皮膚科医をしている、アトピー治療をしていること自体が可笑しいし、ただステロイド剤を販売する白衣を着たセールスマンとしか見えません。これぞ、カルト集団と言わず何と言うのでしょう。でも、あなたは教祖にはなれません、オーラが見えません。

未だ続くアトピービジネス【7】

人間には欲がります。金欲、物欲、性欲、美に対する欲、そして健康に関する欲です。健康に関する欲として、一般の人と異なる治療で病気を治したい、標準治療とは違う医療を受けたい。有名人が特殊療法にすがって余命を削った人が少なくありません。次に副作用は絶対に回避したいという欲もあります。本来、効果のある治療法には必ず一定の副作用は付きものですが、一切副作用がないというのもおかしなもんです。アトピービジネスにも人間の欲に付け込んだ治療法は絶滅しません。

【赤嶺コメント】
健康は『欲』ですか?

というより、健康は生きる上で重要な条件です、欲ではありません。どうして、この健康論で金欲、物欲、性欲なんて言葉が出てくるんでしょう。自分で常に思っていることですね、、、だから、若い女性の診察で全裸にするんですね。

副作用を回避するのは欲ではないのです、、、ただただ、健康になりたいんですよ。これまでの経験で、ステロイド剤処置では副作用が出て不安で不安で仕方ないのです。自分のこの先の人生を薬なしで生きたいだけなのです。ただただ、それだけなのです。自分の欲と一緒にしないでくださいね。

【まとめ】

今回の『いまだに続くアトピービジネス』の投稿で、先生の思いが一番理解できる内容でしたね。自分たちの行っている標準治療以外で改善を見ている療法だろうが何であろうが、『アトピービジネス』であり、それを拒否する患者はカルト信者であり、欲が強いから標準治療から逃れる。アトピービジネスは、人間の欲に付け込んだ療法だ!っと、どの療法も深く調査したことのない、ど素人の皮膚科医の言葉と理解されたことでしょう。

先生方には、批判するのであれば、医者の皆様が言われる反論エビデンスというのを述べて反論投稿していただきたいですね。どの反論も調査不足です。相手を倒すには、相手の戦法を知ることが重要ですね。その為には、スパイでもなんでも用意して、知り尽くして批判批評しましょうね。

あ、まだうちには来ていませんね、この25年間。で、今回もここで批判ですからね。あ、私もこのブログを批評していますので何とも言えませんが・・・・・彼の読むのが楽しみになってきました。添加の国立大学教授が、このくらいの理論だったら、アトピー特任教授でもできるなって、自信が出てくるのはなぜだろう?

画像1

アトポスSP

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 

無料相談メール

 

【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】


【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

アトピー完全克服マニュアルの伝授

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る