皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【17】『これまでのアトピー診療で嬉しかったこと』

『これまでのアトピー診療で嬉しかったこと』

※初めて閲覧される方も居られますので、書き込み経緯を少し書きます。複数回お越しの方は飛ばして、大事な部分のみお読みください。

アトピーの原因も理解できていない皮膚科医たちが、我が理論を一般に向けて多々発信しているので、少しは本当の理論で壊してあげないと、多くの被害者が出ると思うので、この批評を書いています。この批評を見れば、標準医療が何故悪いのか判ってくると思いますし、浅はかな理論のもとに治療を行っていることも理解できます。

この皮膚科医は、20数年前から因縁の先生でもあります。アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院 『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、数年後からは捨てゴマの運命。今は退官され、毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。25年前の理論は寸分の狂いもありませんでした。ちなみに、彼とは同年齢、アトピー研究経歴もほぼ25年一緒です。

20年前にも彼が新聞に寄稿した『アトピー教室』に批評したのを思い出します。また、ここで書くとは思いませんでしたね。

『金●大学病院 ●●教授のアトピー教室(中日新聞)を斬る 2000/2/26』

『ドクター●●のアトピー教室』 に寄せて

1999年10月14日より、北陸中日新聞に掲載された「ドクター竹原のアトピー教室」を当HPに掲載します。
掲載の目的は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎不適切治療健康被害実態調査委員会」なるものが、いかに不純な考え方で活動を行っているか。

委員長自身が、「私はアトピーが専門ではありません」と言っている様に、アトピー性皮膚炎を本質的に理解していない医師達が集まって民間療法を叩いても、何も解決できるものではない。悩む患者は何を信じて良いのか、心まで病んでしまっている。
この連載筆者、●●●●氏は当初「私のような専門家がステロイドの処方をすれば副作用は出ない。副作用の出ている患者は、勉強不足の医者が処方したからだ」と言い放ち、雲色の怪しくなった今では、冒頭のように「皮膚科専門ではありませんが」と素人言葉になってしまう。 このようなカメレオン医師が筆耕したことを考慮して呼んでいただきたい。

付け加えるが、彼の治療でアトピー性皮膚炎を克服された方は皆無に等しいと予想される。(再発無しの完全克服)

・・・・・当時、こんな言葉で批評をスタートしました。

久々に彼のこれからの進行などを拝見させていただき、大丈夫かなぁ、、敵対というより心配が先に来ます。退官して自営医師となりますが、簡単ではないと思いますよ。これまでの書き込みから、今回始める訪問医療も長続きしないような気がして心配です。
ということは、薬も出ないとなれば、ステロイド販売の製薬マネーも打ち切りです。自由診療となれば、ステロイド剤も定価ですね。近所の皮膚科に行ってステロイド剤買うと思いますよ。

前号でこの批評は終了予定でしたが、T先生の嬉しそうな書き込みだったので、今回も書いてしまいました。
今回のテーマ『これまでのアトピー診療で嬉しかったこと』を批評してみよう。

これまでのアトピー診療で嬉しかったこと【1】

読売新聞とアフラックが主催している「心に残る医療体験記」という作文コンクールがあります。ある時。中学生の女の子が重症アトピーの小学生の妹と母親とで私の外来を受診し、その後どんどん改善し、治癒した話をまとめた作文が中高生の部の全国の再優秀賞を取り、その作文も全文読売新聞に掲載されました。ちなみに、この中学生は今では医大を創業して医師になっているそうです。※創業→卒業と思う

【赤嶺コメント】
10数年前のことですね。その小学生の妹さんは、今どうしているのでしょう。その後の経過を子の購読者の皆さんは知りたいのです。この妹は『自分が改善させたんだ』という自慢。というより、薬の一時的改善に過ぎないと思うけど、その後の展開を知りたいのです。いまだにステロイド剤で維持させているのか、もう薬処置しなくても正常なのか、他の民間療法で改善したのか・・が知りたいのです、先生。その追跡も先生の仕事の一つではないですか?

これまでのアトピー診療で嬉しかったこと【2】

数多くの患者さんが10年以上、長い患者さんでは25年ちょうど通院してくれたことですかね。その間、完全治癒には至らなかっということですが、QOLを損なわない日常を維持して最後まで通院してくれたことですかね

【赤嶺コメント】
殆どの患者さんが10年以上ということですか?その先どうなるんですか?10年以上もステロイド剤処置して、いったい体内にはどれくらいのステロイドホルモンが吸収されることになるのでしょう?通常、一生80年で体内では約1gしか産生しません。それをどれだけの人生分吸収させるのですか、考えたことありますか?人間のが生きる上で重要なステロイドホルモンを、継続して侵入させれば、殆どのホルモン受容体は無記号となりますが大丈夫ですか?強い弊害が出ているのは、先生の治療によるものが一つですね。先生、このアトピー性皮膚炎治療において、25年という治療は問題です。自分に着いて来てくれているという自慢ですか?自慢にも何にもなりませんよ、一般から聞けば『自分は25年もアトピー性皮膚炎治療をしている無能な医者です』と言っているようなものですよ。私に掛かれば永久にステロイド剤治療しますよ、薬で効かなくなったら知りません。お~怖~。

これまでのアトピー診療で嬉しかったこと【3】

何人かの女性アトピー患者さんから言われたことがありますが、皮膚の状態が改善して「先生のおかげで結婚することができました」と言われた時は嬉しいですね。同じように、フレンチの女性シェフから「今の状態ならフランスに料理の勉強に行っていいですか?」なんてこともありました。私の指示はもちろん「行っていらっしゃい。」です。

【赤嶺コメント】
流石です、先生。このアドバイスとステロイド剤処置は必要だったかもしれません。患者さんの夢や幸せをいかに演出させるかというのが医者の使命でもありますからね。今度、名古屋のフレンチ店に行ってみたいと思います。このコラムは賛同します。

これまでのアトピー診療で嬉しかったこと【4】

やはり、遠方の患者さんがしばらく通院して、「本当に思い切って金沢に来てよかった。最初は、どうせどこでも大差はないだろうと躊躇していたのですが。想像以上に良くなりました。とい言っていただける場合です。もちろん、私の返事は「結果が出たのは、ご本人やご家族の自己管理の成果であって、私たちはそのお手伝いをしただけです、」です

【赤嶺コメント】
これも素晴らしい。謙虚さが必要なんですよ。でも、自慢ぶりが、言葉の端に見え隠れしているのは気になりますが・・・。それは、他の先生はステロイド剤の副作用が大きくなると弱いステロイド剤でしたが、先生は英断をふるって一気に強い薬を使用するという方法ですから、一時的解決はできるでしょうね。ステロイド剤をよく知って、症状によってその都度薬の強度変更する技術も必要なんだぁって言っている感じですが、患者が喜ぶことをする医者の使命。でも、その後のことが心配ですが、大丈夫ですか?、

これまでのアトピー診療で嬉しかったこと【5】

やはり、患者さんサイドから一定の結果が得られて、それが嬉しいという報告があった時でしょうか?通常初診の1週間後のコメントです。「痒みをほとんど感じません。」「ぐっすり眠れました。」「お化粧を出来るようになりました。」「結婚式の目途が立ちました」「留年しなくて済みそうです」などです。

【赤嶺コメント】
う~ん、患者さん喜んでおられますね、、、一週間後のコメントですね。誰でも、ストロンゲストを使用すれば、体内へ浸透し作用するでしょうが、その後が問題ですね。2週間後は、1ヶ月後は、3ヶ月後は、1年後は?、、、そして10年後は?・・皆さんは、そこを聞きたいのです。まさか、そのお礼の方々が、いまだに・・・ステロイド剤を?を聞けば、あなたの診療を受ける方はいません。

これまでのアトピー診療で嬉しかったこと【6】

すごく改善した患者さんから、直接あるいは郵送でお礼の手紙をもらった時は元気が出ますね。直接気持ちを伝えていただくのも悪くはないですが、文章は何度も読み直すことができるのはいいですね。

【赤嶺コメント】
患者さんは嬉しかったんでしょうねぇ。先生のアトピー性皮膚炎に対するエネルギー、ステロイド剤擁護のエネルギーが伝わったのでしょう。そのお手紙公開され、その後のその方の経過、現在を記すことも必要です、あなたのステロイド剤理論の証として・・・ぜひ、これからでも公開してください、その積み重ねが多くなれば、あなとぉ信頼する方々が増えることでしょう。今は、克服数の少ないこと、一時的な改善のみを記していること、現在の姿が見えないことなどから、信頼に値する治療とは言えませんね。いわゆるあなた方医者が好きな言葉エビデンス(結果数)が足りないのですね。

これまでのアトピー診療で嬉しかったこと【7】

患者さんが自分の親戚や友達を連れ添って来院してくれるのも嬉しいです。中には、医療不信が強くてようやく説得して来院してくれることもよくあります。この際、アトピーの説明会の時にも過去に私の治療を経験した人が同席してくれるので、私の説明に説得力がでて、診療しやすいのです。

【赤嶺コメント】
現在進行の患者さんが説得しての来院で、診療スタートとなるのは、もう70%からのスタートですね、よく分かります。当方においても克服された方のご紹介は、実績を確認されていますし、薬なしで正常維持できる参考人がいますので、安心しての進行となりますが、この方ほど気を使わなくてはなりません。もし、シミュレーションに変化が起きた場合などがありますので、その原因究明は理解納得できるように準備しなければなりません。ま、殆どがその通りに進行しますけど・・・。で、先生、その方のスタートだけではなく、経過・結果を克明に記述されることが、今後の信頼に繋がります。今のご報告では、短すぎて信頼に値しません。


【まとめ】

ここでも、ステロイド剤処置の方々の今の状況、最終結果が出ていません。開始時の状況、改善への理論とシミュレーション、その後の処置方法、そして今の報告が必要だと思います。アトピコラムとしては成立しません。読者は、スタート時、経過、結果が欲しいのです。今のコメントを続けても、あなたを信頼する方々は少ないです。ただ、コラム継続の力は評価します。当方では、その力はありません、いろいろと作業が多く、ネタつくりと実践が追い付かず、週に3~5コラムが精一杯です。その点は素晴らしいと思いますし、☆5つ。

アトピー完全克服マニュアルの伝授

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る