皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【20】『記憶に残るアトピービジネス』

『記憶に残るアトピービジネス』

※初めて閲覧される方も居られますので、書き込み経緯を毎回書きます。複数回お越しの方は飛ばして、大事な部分のみお読みください。

ブログテーマが、そろそろ貯金が無くなって来ていたこの頃でしたが、いい題材がありました。アトピーの原因も理解できていない皮膚科医たちが、我が理論を一般に向けて多々発信しているので、少しは本当の理論で壊してあげないと、多くの被害者が出ると思うので、この批評を書いています。まだ、閲覧者も少ないですが、多くなればこの批評を見れば、標準医療が何故悪いのか判ってくると思います。

この皮膚科医は、20数年前から因縁の先生でもあります。アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院 『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、数年後からは捨てゴマの運命。今は退官が迫り開業できない焦りからか、毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。25年前の理論は寸分の狂いもありませんでした。ちなみに、彼とは同年齢、アトピー研究経歴もほぼ25年一緒です。

20年前にも彼が新聞に寄稿した『アトピー教室』に批評したのを思い出します。また、ここで書くとは思いませんでしたね。

『金●大学病院 ●●教授のアトピー教室(中日新聞)を斬る 2000/2/26』

『ドクター●●のアトピー教室』 に寄せて

1999年10月14日より、北陸中日新聞に掲載された「ドクター竹原のアトピー教室」を当HPに掲載します。
掲載の目的は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎不適切治療健康被害実態調査委員会」なるものが、いかに不純な考え方で活動を行っているか。
委員長自身が、「私はアトピーが専門ではありません」と言っている様に、アトピー性皮膚炎を本質的に理解していない医師達が集まって民間療法を叩いても、何も解決できるものではない。
悩む患者は何を信じて良いのか、心まで病んでしまっている。
この連載筆者、●●●●氏は当初「私のような専門家がステロイドの処方をすれば副作用は出ない。副作用の出ている患者は、勉強不足の医者が処方したからだ」と言い放ち、雲色の怪しくなった今では、冒頭のように「皮膚科専門ではありませんが」と素人言葉になってしまう。
このようなカメレオン医師が筆耕したことを考慮して呼んでいただきたい。
付け加えるが、彼の治療でアトピー性皮膚炎を克服された方は皆無に等しいと予想される。(再発無しの完全克服)

・・・・・当時、こんな言葉で批評をスタートしました。

久々に彼のこれからの進行などを拝見させていただき、大丈夫かなぁ、、敵対というより心配が先に来ます。自営は簡単ではないと思いますよ。これまでの書き込みから、今回始める訪問医療も長続きしないような気がして心配です。
ということは、薬も出ないとなれば、ステロイド販売の製薬マネーも打ち切りです。自由診療となれば、ステロイド剤も定価ですね。近所の皮膚科に行ってステロイド剤買うと思いますよ。

ここに今回のテーマ『記憶に残るアトピービジネス』を批評してみよう。この先生の得意分野ですが、この情熱が患者さん克服のために使われ手欲しかったですね、今からはもう勉強できないでしょうね。

記憶に残るアトピービジネス【1】

一番インパクトが強かったのは、「桃源」というネット販売していた中国製のクリームでしょうか?ステロイドは含有されていないとホームページに謳ってありましたが、実際分析すると最強ランクのステロイドが含有されていました。また、販売員の多くはオオム教団関係者でした。日本皮膚科学会からの告発で、関係者は逮捕され、終止符を打ちました。

【赤嶺コメント】
桃源かぁ、あったね。何故、このステロイド剤入りのクリームが出回るかが重要ですね、、、それはね、標準治療で解決できないからではないですか?警察でもないあなた方が目くじら立てて検証することではないですよ。そんな時間があるんだったら、いち早く再発のないアトピー克服方法を確立させることが重要だったね。ね、こんなことやってるから、今でも25年前と同様の治療しかできないんでしょう。あなたの治療法では、この先永遠に解決はあり得ません。被害者を作るだけの治療となっていますよ。

記憶に残るアトピービジネス【2】

全盛期に乱立したアトピービジネスは酸性水でしょうか。医療機関と業者が絡んで、多くのバイブル本が本屋に並んでいました。当初、アルカリイオン水を作る機械をダイエット用に売っていた業者が、同時にできる酸性水を床の清掃等に転換し、気付いたらアトピー性皮膚炎の病変部のブドウ球菌の殺菌にという話になっていました。今では、ほとんど聞かなくなりました。

【赤嶺コメント】
この強酸性水では解決できないという根拠を示すことが重要です。それが、皮膚の専門家であるあなたの仕事です。ただ、発生したことだけを述べても閲覧者は納得できません。ブドウ球菌を排除するだけではアトピーは解決できないという根拠を述べて批評することです。これまでのあなたの書き込みには、その何故ダメなんだという理由が見えないのです。教えましょうか?

記憶に残るアトピービジネス【3】

アトピービジネスが衰退し始めたのは、刑事事件になり実刑判決を受けた詐欺師がいたからです。ある歯医者さんが、健康な歯に穴をあけて、消毒薬を1日1万円100日連続で治るという行為をしていて、最終的には障害と詐欺で裁かれました。刑事事件があってからは、アトピービジネスが下火になったと思います。私はこの事件の裁判に検察側の証人として出廷しました

 

【赤嶺コメント】
え、証人として出廷したんですか、アトピーの原因も改善者も輩出していないあなたが?何を証言されたんでしょう、、、不思議です。まさか、『アトピーはステロイド剤で治ります、ありふれた病気です』とか証言したのではないんですか?よく裁判長がそんなコメントで納得しましたね。あ、裁判長もど素人だし、裁判は最初から決まっているもんね。原告だもんね、、、でも、被告になったら問題が起きるよ、いくらガイドラインが確立していても現実問題があるからね。傷害罪が設定できればいいのにね。傷害罪でも患者さんの苦労を考えれば軽すぎるかもしれませんね。もう、恥かくからアトピー専門家面するのは止めた方が良いですよ。

記憶に残るアトピービジネス【4】

私が最初にアトピービジネスと正面から戦ったのは、あるエステ店で標準治療を完全に否定され、そのエステ店で数百万円の対価を払わされた挙句、社会生活が送れなくなるほどにアトピー性皮膚炎の症状が増悪した女子短大生の民事訴訟事案です。担当した弁護士さんと連携して、約50ページの鑑定書を書きました。良かったのは、被害者の女性が克明な日記を書いていたので、それを参考にしてアトピービジネスの手口を解説しました。結果は勝訴で、その日を境に日本全国のエステ店がアトピービジネス的な行為を止めました。

【赤嶺コメント】
アトピービジネスの手口を解説ですか、、、、刑事並みですね。国民の税金でご飯食べている方が、何で納税者を叩くのかね、不思議でなりません。それも、アトピーのど素人レベルの技術で、患者の顔伺いしながらの治療で、ステロイド剤を強要し、多くの被害者を作ったA級戦犯者だと僕は思う。国税や製薬マネーでアトピービジネスとかいう本も出し、多くの患者さんを惑わし、ステロイド剤から抜けられない被害者を作ったのは、誰でもないあなたです。本当は、その患者さんの青春を奪った罪で服役していても可笑しくない状態なのに、堂々と生きられている不思議。変な日本ですね。

記憶に残るアトピービジネス【5】

全国展開していた温泉療法の会社の勢いは一時期すごかったです。患者団体の名前で全国講演会の広告を全国紙に出したり、日本橋の三越の近くにアトピー情報館をオープンさせたりとかです。ただ、アトピービジネス報道が過熱する中、この会社の営業も段々フェードアウトしていきました。

【赤嶺コメント】
何故フェードアウトしたのかが問題です。患者さんたちに受け入れられなくなったか、あなた方が妨害したかです。どちらにしても患者さんのためにならない行動だと思う。温泉療法のシステムも理論も理解していないで、頭ごなしに『民間療法が悪だ』だけを唱える税金泥棒の医者たちこそ、私は不要と思う。皮膚科医が居なければ、これほどアトピー問題は起きていないことになる。薬を使用しないでも確実に改善できる。それは、アトピー発症の原因が理解できているものだけが知る標準治療のアトピービジネスである。アトピーに関与する費用は年間4兆円と言われるから、多くの輩が群がるんだろうね。特に官僚と皮膚科医は心の貧乏人だと思う。どこか『僕が治してあげる、治ったら寄付して』という骨のある医者はいないのかなぁ?

記憶に残るアトピービジネス【6】

私が直接経験したものではありませんが、京都の方で「アトピーが治る」宗教の教祖が摘発されたことがありました。アトピーが宗教で治るはずもありませんが、この教祖は未成年の女子のアトピー性皮膚炎患者に「治療」と称してわいせつ行為を行っていたのです。さらに、症状が改善しないと信心が足らないと言って、わいせつ行為をエスカレートさせていたそうです。

【赤嶺コメント】
先生、よく似ているじゃないですか。診察時に裸にして厭らしい顔で触診して、治らなければ自己管理が悪いって言うんですよね。そっくりですよ。今後、密室になる可能性も大ですから訴えられないようにしましょうね。今は、簡単に録音、撮影できますから逃げ道無くなりますよ。ま、もう65歳だから、先短いし捕まっても大したことではありませんね、もう、飽きるほど見てきたでしょうからね。でも、これからは暇を持て余して、いろいろ考えることも多くなるから、、、、心配だ。

記憶に残るアトピービジネス【7】

金沢大学に赴任して驚いたのは、皮膚科以外の専門の開業医さんが突然アトピー性皮膚炎専門と自称して、脱ステロイド療法プラス業者と組んだ化粧品や食品などの医薬部外品を売り込んで、大勢の患者さんを重症化させていたことです。1日の外来で数人の患者さんが来院され、同じ日に複数大学病院に入院させたこともあります。医師免許があれば、法律的にはすべての科の診療を出来るという盲点を突いたアトピービジネスだと思います。

【赤嶺コメント】
先生もアトピー素人で教授だったじゃないですか。いろいろな質問や改善しなくて困ったら『僕はアトピーの専門ではないので・・』って、逃げたこともあったでしょう。今も経験は長くなりましたが、技術は一歩も進んでいませんよね。ホームページの理論を見ればすべて分かります。そうそう、医師免許があれば自由標榜だから何でもできるんですよね、、、先生もそうだったじゃないですか、自分は良くて人はダメ的な感じになっています。そして、25年間多くの患者さんへどれくらいのステロイド剤を体へ侵入させたことでしょう。そして、どれくらいの製薬マネーが税金以外に懐に入れたことでしょう。家も車も家財もすべて税金と製薬マネーですからね・・・・あなたこそ『アトピービジネス』確定です。


【まとめ】

25年間、患者の改善のことなど考えてきたのだろうか?この先生の言動は、民間療法はすべてアトピービジネス、、、標準治療以外はダメ。だって、ガイドラン通りに治療しなければアトピーは良くならない。と言って25年間、誰一人本当の解決には至っていないと思われるほど、アトピーに集中できていない。これからは、大学病院教授ではないから、評価は理論告知、サポート技術と言葉と顔つきで決まります。厳しいだろうなぁ、、、写真からもオーラが揺らいでいるし、患者さんから好まれる顔写真ではない。ただ、スタートしてみなければ判らないから、、、今後のお手並み拝見ですね。

アトピー完全克服マニュアルの伝授

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る