皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【28】『アトピー診療の間違い』

『アトピー診療の間違い』

この皮膚科医は、20数年前から因縁の先生でもあります。

アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、数年後からは捨てゴマの運命。

今は退官され、訪問診療を始めています。、毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。25年前の理論は寸分の狂いもありませんでした。ちなみに、彼とは同年齢、アトピー研究経歴もほぼ25年一緒です。この差は何でしょう。

ここに今回のテーマは、『アトピー診療の間違い』を批評してみよう。皮膚科医としてアトピー原因や克服理論の研究実践ではなく、ステロイド剤を批判する治療法(民間療法)の撲滅に一生をささげた先生です。よって、アトピーのことを全く理解していない先生の言葉となります、これが国立大学の元皮膚科医教授のレベルです、しっかりご覧ください。まずは、自分の持ち場をしっかり確立してモノを言いなさいって感じです。

アトピー診療の間違い【1】

これから1週間書くことは、あくまで私見です。ですが、間違いは間違いであることを指摘します。「全身に保湿剤を塗ってから、ステロイド薬を外用する」は間違いです。あとから塗ったステロイド外用薬の効果が、最初に塗ったステロイド外用薬で減弱されます。また、意図したところ以上に広範囲にステロイド外用薬が拡散されてしまうという問題もあります。患者さんにはTシャツの上から薬を塗るようなものだと説明します。私が赴任した当時の金沢大学皮膚科も保湿剤を「下塗り」していましたが、病棟医長に話して、中止してもらいました。

【赤嶺コメント】

まず、少し間違いを。「あとから塗ったステロイド外用薬の効果が、最初に塗ったステロイド外用薬で減弱されます。」は、最初に塗った保湿剤で減弱されますですね。というか、間違いは間違いであることを指摘しますって、あなた自体が正解を知らないのですから、指摘しても何の意味もありませんよ。

まずは、アトピーにステロイド剤処置自体が間違いなんですね、アトピーという結果に対しての原因解決になっていませんよ。赴任時は、アトピーは初めてでしたよね、ど素人でしたよね。それを永年経験された病棟長に意見をするなんて、我が天下の始まりですね。

そんなことを指摘しても患者さんのためにはなりませんよ。スタート時期に、アトピー患者さんを幸せにできる医者になろうと思わなかったのですか?一番手っ取り早い出世方法を選択し、『アトピービジネス対策班』に加担をしたのですね。製薬会社も助かったことでしょう。が、仲間からは、あなたの言動等から『なんて馬鹿な医者なんやろ、川島の機嫌ばかり取って、、、、好きになれん』と思ったでしょうね。

あなたは、売名に成功、、、万歳~~、だね。

アトピー診療の間違い【2】

ステロイド外用薬は徐々に効かなくなってしまうので、どんどん強い薬になって、最後は破綻する。こんな患者さんは経験したことがありません、外用する量を具体的に患者さんに指示しないと、外用薬なランクが上がるたびに患者さんは薬を怖がって、段々塗る量を減らしてしまうのです。金沢大学時代の重症入院患者さんは、一人の例外もなくマイザー軟膏の外用で1~2週間で略治となって退院されました。

【赤嶺コメント】

先生、どんな入院患者にもストロンゲストのステロイド剤を処方して、一気に略治させるということですね。で、その先はどうなるんです?徐々にランクを下げてゆくんですか。そして、最終的には保湿剤ですか?

そんなことできたらね、これほどの大問題にはなっていませんよ。マイザー処置で退院された方々のその後の状況をお知らせしたコメントが欲しいですね。追跡していないんですか?先生、

その方々はね、その後もステロイド剤から逃れることが出来ずに、あなたの嫌いなアトピービジネスに移行しているんですよ。それはね、あなたにアトピー克服の理論やステロイド剤は安全だという理論が希薄すぎるからなんですよ。

先生、退院された後のことが一番重要なんですよ、追跡することも医者の責任と思いますよ、そうすれば、自分の治療方法が違っていると気づき、治療研究につながるんですよ。頑張ろうね、あ、、65歳からもう勉強する気にはなれないかな。

アトピー診療の間違い【3】

一般の皮膚科医はIgERASTの検査がお好きですよね。これって、何を調べているのでしょうか?IgEは1型アレルギーの検査なので、花粉症、蕁麻疹、喘息の検査です。私はアトピー性皮膚炎患者さんにはほとんど検査はしません。ちなみに、ダニやハウスダストに対するIgERASTは正常人でも約半数に陽性になるのに注意です

【赤嶺コメント】

検査するしないは個人の勝手というより、結果が出ても対応はステロイド剤処置か除去処置ですから、何の改善の糸口にはなりません。時間とお金の無駄ということでしょう。

検査しなくて患者さんにどんな説明でステロイド剤を処置されるんですか?真裸にして触診して原因が判るんですか?表面の症状範囲は確認出来るでしょうが、それほどまでに恥ずかしい思いをさせたんですから、その恩恵は何ですか?え、ただただステロイド剤処置だけですか?それも最強のステロイド剤ですか?、、、そして、あなたはこの治療に責任を持てるんですか?

訴えられたら逃げるんでしょうね。今後は、録音もされるし、裸触診も写真に取られますので気を付けてくださいね。裁判所傍聴席からは『国立大学の元皮膚科教授ってこんな実力かぁ』って言われますよ。

画像2

アトピー診療の間違い【4】

適切な外用量の指導に1FTUを、というのは間違いです。この方法で全身くまなく皮疹のある人に外用すると1回25~30g、1日2回で7日間だと350~420gの処方が必要になります。私は、全身のアトピー性皮膚炎患者さんには必ず全身に外用するようにしていますが、普通体型で1回10g、体格がかなり良い人で1回15gです。従って、7日間の処方は140g~210gになります。1FTUという概念は1989年にLANCETに発表された概念ですが、その根拠はほとんど示されていません。また、5㎜口径のチューブと限定されているので、口径がバラバラな日本では通用しない考え方です。1FTUを推奨する人は、自分で患者さんに外用していないとも言えます。

【赤嶺コメント】

同輩の皮膚科医の理論をまたも批判するふとどき者、目立ちがり屋。それはね、少しでもステロイド剤を多く使用させるためであり、怖がって少ししか塗らない方々への効果不足を解消させるための、あなた方皮膚科医の目線での自己満足理論ですね。

患者さんの立場での発言はほとんどゼロに近いです。そして、横文字を連用し『凄い方法』だというイメージを作っているだけです。また、1週間で200gですか、含有量0.1%で全部吸収されるとすれば、1週間で0.2gとなりますね。先生、一生80年での人間のホルモン産生量はどれくらいかご存じですか?知らないでしょうね、こんな大量の処方をされるわけっですからね。1gなのです。ということは、5週間で一生分のステロイドホルモンを体内へ侵入させることになりますよ。

ホルモン量が数万分の1gの誤差で人間の自律系は大きく変貌しますよ、特に更年期のホルモン変化を見ても判るでしょう。あなた方は、こんな大変な処置をされているんですよ。また、無記号で体内へ侵入させ、ストップされた時の問題などあなた方には関係ないもんねぇ。痒がろうが痛がろうが死のうが関係ないのよね。

アトピー診療の間違い【5】

アトピー治療において、眠気を伴う抗ヒスタミン薬を投与するのもよくありません。眠気を伴うことで、患者さんのアドヒアランスが低下するからです。あと、診察の際によく観察していると、軽症の蕁麻疹の皮疹が混在していて、掻き壊しによるアトピー性皮膚炎の皮疹が混在していることが良くあります。その際には、抗ヒスタミン薬の継続投与が有効です、

【赤嶺コメント】

アドヒアランス?治療意欲が低下するということですか。抗ヒスタミン薬によって治療意欲が低下することはないと思いますよ。それはね、あなた方医師の無知から生まれるものです。

原因も説明できない、改善方法は投薬治療のみ、改善のシミュレーションもできない、他の医者の悪口を言う、顔が厭らしい等々、あなた方を信頼できないために起きる行動です。抗ヒスタミンがダメというのであれば、そのメカニズムを説明して反論するべきですね。

その結果、これまで数万人の診察治療をして誰一人本当の克服者を輩出できなかったのでしょう。観察して蕁麻疹なのか掻痒行為による皮疹なのか判断してどうするんです?抗ヒスタミン薬だけ?違うでしょう、、、、お得意の最強ステロイド剤処方ですよね。誰でも一時的に解決はするでしょうが、その後の責任はだれがとるんです?

『この治療方法は皮膚科学会が決めた国が決めたガイドラインに沿っての治療です』って逃げるんでしょう。本気で患者さんを幸せにしてください。その為には、原因を探求しましょう。あ、判らないのであれば教えますよ、、、少しお高いけど。製薬マネーを頂戴した分お持ちになってください。◎億円はありますね。

アトピー診療の間違い【6】

アトピー治療において、眠気を伴う抗ヒスタミン薬を投与するのもよくありません。眠気を伴うことで、患者さんのアドヒアランスが低下するからです。あと、診察の際によく観察していると、軽症の蕁麻疹の皮疹が混在していて、掻き壊しによるアトピー性皮膚炎の皮疹が混在していることが良くあります。その際には、抗ヒスタミン薬の継続投与が有効です、

【赤嶺コメント】

抗ヒスタミン薬摂取の悪い理由が、治療意欲が無くなるからですか?患者さんが判るメカニズムでお願いしたいところですね。痒み伝達物質のヒスタミン分泌に蓋をしたら云々とかいう説明が欲しかったですね。

治療意欲というのは、あなたが示す克服への理論が重要なんですよ、あなたの理論説明、克服へのシミュレーションがしっかりできていなかったから、アドヒアランス(治療意欲)が湧かなかったんじゃないんですか。

アトピー症状と蕁麻疹の差ってどんなんですか?その蕁麻疹とアトピー湿疹との差は何ですか?原因は?・・・でも、どんな症状であろうと結果的にステロイド剤処置ですよね。ステロイド剤のメカニズムと改善シミュレーション、いつ終了するのか、しっかり説明してくださいね。

アトピー診療の間違い【7】

最も罪深いアトピー診療の間違いは、この病気は治らないとか、ずっと付き合っていくようにという指導です。アトピー性皮膚炎は必ず治る疾患です。発症早期に治療開始すると2,3歳までにほぼ完治しますし、成人型のアトピー性皮膚炎患者も数多く私の診療の元で完治してきました。決め手になるのは、患者サイドの正しい理解と治そうと思う気持ちです。


【赤嶺コメント】え、先生の治療で治るんですか?数万人中何人ですか?あなたも当初は、『ありきたりの病気です、長く付き合っていきましょう』なんて言っていましたよね。

早期に治療して2、3歳で解決しましたか?一時良くなったお子さんのその後は追跡しているんですか?90%以上は再発していますよ。完治って再発がないこと、原因解決することですよね。

原因も判らないで完治するんでしょうかね?成人アトピーの方々の殆どは平均10年、長い方は25年以上付き合っているとも言っていましたが、大丈夫ですか?そして、治らなかった多くの方々には、患者責任として自分を守って生きてきたんですよね。

アトピーを何も理解できていないあなたが、おおっぴらにアトピーの方へ向けて発信するのは罪です、犯罪ですよ。同様に書き込んでいる新型コロナウイルスのことなども、あなたがコメントすることではありませんよ、政治批判より自分のやるべきこと、アトピーのことを勉強してくださいね。

画像1

アトポスSP

アトピー訪問相談

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 無料相談メール

 【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】

【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

アトピー完全克服マニュアルの伝授

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る