「 Q&A 」一覧

【Q&A】3歳2カ月の女の子

【Q&A】3歳2カ月の女の子

出産環境においてもアトピー性皮膚炎となる要因は、光線療法ですが、発症確率は膣抗生剤処置や帝王切開に比べ高くはありません。 1歳時から始まった保湿剤処置やベリーストロングとされるステロイド剤(マイザー)を処置したことから、本格的な症状継続となったと推察します。

【Q&A】2カ月半の女の子のご相談

【Q&A】2カ月半の女の子のご相談

生後間もなくの可愛いはずの赤ちゃんが、痒みや炎症に苦しむ姿を見るにあたり、両親として辛いことと手にとるように判ります。多くの子供さんたちを出来るだけ正常な精神状態で大人にするということを基本に当方は活動しており、子供のことだけは間違いない進行をと心がけています。

トップへ戻る