「 アトピー性皮膚炎 」一覧

【Q&A】3歳2カ月の女の子

【Q&A】3歳2カ月の女の子

出産環境においてもアトピー性皮膚炎となる要因は、光線療法ですが、発症確率は膣抗生剤処置や帝王切開に比べ高くはありません。 1歳時から始まった保湿剤処置やベリーストロングとされるステロイド剤(マイザー)を処置したことから、本格的な症状継続となったと推察します。

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

【赤嶺コメント】 みなさん、この薬でアトピー解決できると思いますか?これまでも「ステロイド剤」、「プロトピック軟膏」がダメで、昨年販売開始となった「ディピクセント」、そして今年「コレクチム軟膏」が発売となり、少しづつ使用報告もSNSなどにされています。

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【25】『アトピー性皮膚炎を治らないと諦めているのはなぜか?』

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【25】『アトピー性皮膚炎を治らないと諦めているのはなぜか?』

【赤嶺コメント】 先生、7割以上って、、、、。それはね、先生の治療方針では解決できないと判断して、民間療法に移ったか、脱ステ医師のところへ行ったか、自分で解決方法を見つけたかですよ。7割以上って、、、だったら、アトピーの問題など発生しませんよ。

トップへ戻る