【Q&A】3歳2カ月の女の子

【Q&A】3歳2カ月の女の子

出産環境においてもアトピー性皮膚炎となる要因は、光線療法ですが、発症確率は膣抗生剤処置や帝王切開に比べ高くはありません。 1歳時から始まった保湿剤処置やベリーストロングとされるステロイド剤(マイザー)を処置したことから、本格的な症状継続となったと推察します。

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

【赤嶺コメント】 みなさん、この薬でアトピー解決できると思いますか?これまでも「ステロイド剤」、「プロトピック軟膏」がダメで、昨年販売開始となった「ディピクセント」、そして今年「コレクチム軟膏」が発売となり、少しづつ使用報告もSNSなどにされています。

【プレス批評】アトピー性皮膚炎でステロイドを25年

【プレス批評】アトピー性皮膚炎でステロイドを25年

副作用で地獄を見た女性 今回は、ニュージーランドの女性。5歳から25年間ステロイド剤を使用したことでの現在の人生観を綴っています。いじめ、白内障等々、厳しい状況からの離脱復活されたお話が、プレスされていましたので・・・・。皮膚科医Tさんは、25年を超えてもなをステロイド剤を処方します、恐ろしい方です。責任持てるのかなぁ。

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【25】『アトピー性皮膚炎を治らないと諦めているのはなぜか?』

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【25】『アトピー性皮膚炎を治らないと諦めているのはなぜか?』

【赤嶺コメント】 先生、7割以上って、、、、。それはね、先生の治療方針では解決できないと判断して、民間療法に移ったか、脱ステ医師のところへ行ったか、自分で解決方法を見つけたかですよ。7割以上って、、、だったら、アトピーの問題など発生しませんよ。

【Q&A】2カ月半の女の子のご相談

【Q&A】2カ月半の女の子のご相談

生後間もなくの可愛いはずの赤ちゃんが、痒みや炎症に苦しむ姿を見るにあたり、両親として辛いことと手にとるように判ります。多くの子供さんたちを出来るだけ正常な精神状態で大人にするということを基本に当方は活動しており、子供のことだけは間違いない進行をと心がけています。

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【23】『アトピービジネス代表的手口』

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【23】『アトピービジネス代表的手口』

ここに今回のテーマ『アトピービジネス代表的手口』を批評してみよう。代表的な手口とは、下品な感性をお持ちですね。私から言わせると、理論もない克服例も少ない、やればやるほど患者の体と心を蝕んでゆく標準治療、特に◎原療法ほど悪質な代表的な手口を思うけど・・・・

またもステロイド剤・保湿剤被害拡大要因の書籍が発刊 ~幼稚な理論は漫画でお知らせします~

またもステロイド剤・保湿剤被害拡大要因の書籍が発刊 ~幼稚な理論は漫画でお知らせします~

僕は25年のアトピーサポート経験で必要ないと思う、絶対不要!と思う。 先般も登場した堀向健太医師の著書である。京大の大塚氏と一緒にオンデマンドに登場する小児科医である。アトピーは遺伝ではないけど、アトピーは妊娠中の食事ではないけど、では、何なの?と結論の出ない著書である。

新薬『コレクチム』発売開始日決定

新薬『コレクチム』発売開始日決定

ステロイド剤の問題を回避するためにも、良いタイミングで代替え薬が発売される。今回は、日本の会社だからメーカーも医師会も力を入れるだろう。すでに、巷では変化させる動きも出てきている。ステロイド剤の副作用を訴える患者には、直ぐに対応できる新薬の話を簡単にできるマニュアルも作られているようだ

NO IMAGE

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【12】 『未だ続くアトピービジネス』

ブログテーマが、そろそろ貯金が無くなって来ていたこの頃でしたが、いい題材がありました。アトピーの原因も理解できていない皮膚科医たちが、我が理論を一般に向けて多々発信しているので、少しは本当の理論で壊してあげないと、多くの被害者が出ると思うので、この批評を書いています。まだ、閲覧者も少ないですが、多くなればこの批評を見れば、標準医療が何故悪いのか判ってくると思います。

NO IMAGE

【アトピー批評】皮膚科専門医から、アトピーの子をもつ親へ。 どうか「かいちゃダメ!」って言わないで。・・・を拝見して

アトピー症状は痒みとの戦いです。痒みが無ければ大した問題は起きません。その痒みに対して『掻いちゃダメ!って言わないで』じゃなくて、その痒みがどうして起きているのか、どうすれば解決できるのか教えるのがあなたの役割です。

トップへ戻る